本文へスキップ

自動車ガラス、カーフィルム、住まいのガラスはくるまのガラス屋さんにお任せ

電話でのお問い合わせは0178-43-3651

〒031-0072 青森県八戸市城下3丁目10番1号

中古ガラス販売eal estate



車のガラスが割れてしまい修理や交換が必要になった時、新品よりも安く済むだろうとの期待から、中古ガラスを検討される方が多いかと思います。
しかし実際には「安かろう悪かろう」の言葉通り、中古ガラスには「安さ」というメリットを遥かに上回るほどの様々なデメリットが存在します。


状態が悪い

廃車置き場に長時間放置された車輌からの取り外しが主な入手先となるため、概ね状態は良くありません。特にリヤガラスの場合は熱線プリントや熱線端子の不具合を含めた「現状渡し」となるため、もともとあった機能が 使えなくなるリスクがあります。

そもそも数が少ない

バンやトラックなどの商用車や販売台数の多い乗用車は、それだけ沢山の欲しい人がいるために中古品の引き合いが多く、「よく見かける、タマ数が多い車種なのに中古品を探しても見つからない…」といった状況が起きやすくなります。

色や機能を妥協せざるを得ない

希望通りの色や機能が付いたガラスが見つかるとは限らず、むしろ検索条件が多い程見つかりにくくなります。 【検索例】 フロントガラスの熱線付き、ボカシ付き、レインセンサー付き、ガラスの色指定など リヤ・サイドガラスの色指定(グリーン、プライバシー)やアンテナ付きなど

時間が掛かる

自社在庫がない場合、中古部品ネットワークに問い合わせて探すことになりますが、まず回答が得られるまでに時間が掛かります。さらに運良く見つかって取り寄せるにしても日数を要するため、入庫から作業完了までにかなりの日数を要します。

思ったほど安くならない

ガラスの状態(キズ・水アカ・油膜)を妥協せず、キレイにする場合には別途ガラス磨き料金が必要になります。またリヤガラスの場合、熱線プリントや端子の補修にも別途料金が発生するため、安く済ませようと中古品を選んだはずが、最終的には新品とそれほど値段が変わらない…ということが起きてしまいます。